Macrobiotic Fasting  磯貝昌寛のマクロビ断食

fastingcatch

磯貝昌寛先生による生食医学講座の半断食合宿

 

正しい食事と健康の観点から組まれた合宿なので、想像するものとは違っていた。

胃と腸の粘膜を玄米食と無塩食により新陳代謝させ、古いタンパク質、老廃物を排毒し、新しい血を体内に生み出し、健康な体を作る道筋を合宿中に教わる、称してマクロバイオテック断食であった。

gennmaikayu foodfree

参加者個人個人に合わせた食事が提供され、私の場合は、玄米食が途中で、無塩食に切り替わり、最後の食事は、食べ放題であったため、あまり空腹感をなかった。

その理由は、最初の一口を200回噛み、その後を100回噛むことで、空腹感が満たされるようだ。先生によると、1500回以上噛むと、食べ物が無くても脳が満腹と感じるとの事。

私と同様に無塩食に切り替わった参加者の一人が、排毒効果をより高めようと努力して無塩食を食べたのだが、食後、生姜風呂に入り、立てないくらいふらふらになり、翌朝は、起きる事も出来なくなった。その後、果汁で調整して復帰することが出来た。これ程食事で体調が変わるものかと、目の当りに経験させてもらった。

meeting dojo

今回の合宿は、4泊5日の日程で、早朝の体操、午前、午後に1時間から2時間のウオーキングがあり、毎朝、ウオーキングの後、3種類のお茶を飲み、何が一番旨く感じたかで、その日の体調が判断され、各々のプログラムが組まれる、きめ細やかなスケジュールとなっている。

お茶は、シイタケ茶、梅生番茶、第一大根蕩の3種類で、入浴は、米ぬか風呂、生姜風呂、磯部温泉、講義は、食品の陰陽と食べ方、排毒反応、断食後の復食、先生のお父さんの自然栽培の理念となっている。

玄米、野菜などの多くは、実家の自然農法による食材が提供され、それを奥さんの柚佳里さんに調理して頂くアットホームファステイングでもあった。ゆかりさんは、5人の母親で、4人と5人目のお子さんは、自宅で一人で出産されてた強靱な精神力をお持ちの人でもある。

4泊5日と短い期間であったが、寝食を共にすることで、参加者全員が打ち解け、先生の手相占いも加わり、心身ともにさらけだすこととなり、貴重な経験をさせてもらった。

また、人間は、自分で自分の寿命を決めてしまっている、古文書では、800歳まで生きた人もいると教授され、私も85歳のラインを100歳まで押し上げることにした事と、

2.5kgの体重減と、大きな成果を得たと思う。

Before&After

before

after

 

 

 

磯貝昌寛のマクロバイオテックファステイング