参加者募集 

蜂蜜クリーム作り
5月20日(日)

 

honeycream_img400
時間:11:00AM ~ 18:00PM
集合場所:JR越後湯沢駅東口
費用:6000円 (昼食・教材・温泉入浴料)
雪国の春、一斉に咲く花から採れる蜂蜜の蜜蠟を使って、自作によるクリーム作り。
保湿性が高く、ビタミンB1が豊富に含まれた高級リップクリームやハンドクリームに利用できます。市販のクリームとは、 全く異なる使用感がありますので、是非お試し下さい。

スケジュール
train200

上越新幹線 とき 313号
9:28 東京駅発
10:50 越後湯沢着
(乗車券¥3350 自由席特急券¥2800)

 

hegi_20011:00  昼食
この地が発祥のへぎ蕎麦で昼食
へぎ蕎麦は、つなぎに布海苔を使い、滑らかさがある蕎麦で、独特な食感が味わえる。

 

honey03_200

12:30 養蜂場見学
春から秋に蜂蜜が生産される過程を、現場で見学。

 

 

 

snowcountryhoney_200

14:00 ハニークリーム作り

 

蜜蠟を鍋で溶かし、オリーブオイルか亜麻仁油で混ぜ合わし、
冷やして瓶詰めて、クリームの完成
出来上がったクリームは、全てお持ち帰りいただきます。

 

takahann200

17:00 温泉 日帰り入浴
800年の歴史をもつ旅館 高半の日帰り入浴を利用します。
源泉掛け流しで、3時間ごとに、浴槽の湯が入れ替わり、飲用も可能です。
湯は、スキンローションでもあり、肌のツルツル感があります。

 

train200上越新幹線 Maxとき 342号
19:01 越後湯沢発
20:12 東京着
(乗車券¥3350 自由席特急券¥2800)

 

申し込みフォーム

 

 万太郎谷の沢登り
7月29日(日)


manta_img

時間:10:00AM ~ 18:00PM
集合場所:上越新幹線越後湯沢駅 東口
費用:6000円(ガイド料+温泉入浴料)

その他費用:
昼食代
沢登り専用シューズ (川の中の岩が滑りやすく、その為、特別な靴が必要となります。
釣りのフェルト付きの靴か、地下足袋に草鞋を付けた物のどちらかが必需装備品となります。
購入費用は、フィシングブーツ 15000円~20000円/地下足袋 1800円~3000円
草鞋 1500円)
4時間くらいの川の中のトレッキングとなります。一般の人が入らない大自然の中を歩く清涼感は、今までに体験しえなかった貴重なものとなるでしょう。晴天に恵まれた時は、夏の遊園地となります。
天候によってキャンセルされる場合もありますので、ご了承下さい。

スケジュール
train200

上越新幹線 Max たにがわ403号
8:04 東京駅発
9:35 越後湯沢着
(乗車券¥3350 自由席特急券¥2800)

 

       10:00 ~ 15:00  沢登り

takahann200

16:30 温泉 日帰り入浴
800年の歴史をもつ旅館 高半の日帰り入浴を利用します。
源泉掛け流しで、3時間ごとに、浴槽の湯が入れ替わり、飲用も可能です。
湯は、スキンローションでもあり、肌のツルツル感があります。
train200上越新幹線 とき 338号
18:12 越後湯沢発
19:40 東京着
(乗車券¥3350 自由席特急券¥2800)

 

上記の2つのイベントは、宿泊が可能の方には、翌日の月曜日に、別のイベントも開催可能ですので、宿泊も含めてご相談下さい。


 

 

Canyoning at Mantaro
August 5 (Sun)


manta_img

Time: 10: 00AM ~ 18:00 PM
Meeting place: Joetsu Shinkansen Echigo-Yuzawa Station East gate
Entry fee:6000 yen (guided tour  + hot spring )

Other expenses:
・lunch
・Special shoes are required for trekking as river rocks are very slippery
(Retail price;for fishing boots; 15000 –  20,000yen /for jikatabi; 1800 –  3000 yen/
for waraji; 1500 yen)
We will be trekking up the river for approzimately four hours.
You will feel so refreshed walking in great nature where not too many people go into.
I assure you that it will be a precious experience you’ve never had before.
Whether the event will be held or not largely depends on the weather.
In fine weather, it will be like you are at an ‘amusement park for grown-ups’
Please understand that the event will be cancelled in case of rain.

Schedule
train200

Joetsu Shinkansen Max Tanigawa No. 403
8:04 Tokyo Station   departure
9:35 Echigoyuzawa  arrival
(tickets ¥ 3350  +express ticket ¥ 2800)

 

       10:00 to 15:00  canyoning

takahann200

16:30 hot spring bathing
Onsen is TAKAHAN Ryokan’ bath which is a history of 800 years.
  It uses natural hot spring water that keeps fresh and clean as all the water is replaced every three hours. This system is rare.
This water is used in skin lotion and you may also drink.
train200
Joetsu Shinkansen No.338
18:12 Echigoyuzawa  departure
19:40 Tokyo                  arrival
(tickets ¥ 3350  +express ticket ¥ 280

https://videopress.com/embed/qxhlc2xD?hd=0&autoPlay=0&permalink=0&loop=0

We could arrange other events after two events of the above, including the accomodation, please contact us.

2018 イベントスケジュール

 田代&谷川岳スキーとトレッキング  定員6名

1) 4月27日(金)〜28日(土)
2)    28日(土)〜29日(日)

 山菜採り& ハニークリーム作り      定員10名

3)   5月19日(土)〜20日(日)
4)        20日(日)〜21日(月)

グランド ティトン & イエローストーン国立公園  

5)  6月8日(金)~18日(月)

 沢登り&BBQ         定員10名

6) 7月28日〜29日
7)  8月  4日 〜 5日

 塩沢サイクリング&BBQ    定員6名

8)  9月14日(金)〜15日(土)
9)         15日(土)〜16日(日)

ドラゴンドラ紅葉狩り&貝掛温泉     定員10名
10)  10月下旬

つなん雪まつり

tunanfes雪国特有の陰湿な日々を吹き飛ばすがごとく、新潟には、盛大なお祭りが多くある。その中でも、つなん雪まつりは、街中が一丸となってイベントを開催しいて、盛りだくさんの催し物があり、夜のスカイランタンは、2000個が夜空を埋める。ランタンの数や駐車場の制限があり、会場のニューグリーンピア津南や街の宿泊施設に泊まるのが、最良の策であるが、夏には、予約締め切りになるらしく、
少し技を要する。今回は、湯沢から1時間かけて、車で行き、旅館 雪国さんのシャトルバスで、
会場入りしたのは、大変幸運であったようだ。
3.11の震災の年から始めたスカイランタンは、今年は好天に恵まれ、寒さや、雪にも邪魔されず、会場内の露天市で、熱燗や焼き鳥をゆっくり味わう事ができ、漆黒の空に舞う灯りを堪能した。

彩雲

5 月初旬 谷川岳 天神平スキー場に出現した雲。日本百名山の一つ 谷川岳は、晴天には、

巻機山 平ヶ岳 を遠方にみて、万太郎山や、茂倉岳への峰々の眺望が素晴らしい。

虹雲とも言われ、見た人に幸運が訪れるらしい。

谷川岳 天神平スキー場 に現れた虹の雲

塩沢の里サイクリング

cycleingimg最高級コシヒカリの産地 南魚沼の塩沢。春は、紺碧の空、稲の新緑、山々の藍が潤いを与えてくれる。秋は、稲穂が藁のぬくもり香る黄金色に輝く中をサイクリングする。

戦国時代の武将、直江兼継が幼少期を過ごした「雲とう庵」、浦佐の歴史ある「毘沙門堂」、八海酒造の「魚沼の里」にも途中立ち寄り、この地の文化にも触れる旅。

全工程平地であり、車の往来も少なく、ママチャリが乗れる方なら、どなたでも安心して参加できます。サイクリング終了後は、浦佐駅から越後湯沢駅まで、上越線の在来線を利用して帰るのが、また、楽しを増してくれます。